<   2007年 05月 ( 43 )   > この月の画像一覧
帰京
f0104084_5575362.jpg
育った場所が関西なので、京都と東京の陽射しの違いに、昔の記憶を呼び覚まされる感じがします。
[PR]
by hige-megane | 2007-05-31 06:13 | 風景
京都二日目
f0104084_2324569.jpg
写真は等々力渓谷の緑葉。ここ京都も気持ちのいい季節ですが、早くも東京が恋しくなってきました。
[PR]
by hige-megane | 2007-05-30 00:01
京都
f0104084_115369.jpg
関西入ってからずっと工事渋滞で7時間半かかりました。
[PR]
by hige-megane | 2007-05-29 01:18
清里
f0104084_22361431.jpg
昨日今日の出張先は清里。前回来たときは冬のようだった風景が、たったひと月の間に凄まじい新緑に覆われてました。宿やホテルを撮影するのにもっとも美しい季節、それは今。そして、リゾート清里がひときわ煌めく季節、それも今。さっき撮影データ確認してきましたが、今回はWEBサイトの仕事でしたが、同行したフォトグラファーもその輝きを吸い込むようにレンズに写し取っていました。私も合間にちょこちょことシャッターを押してました。

明日は夕方から、京都4日間の旅(仕事)。気合いを入れて早く寝ないと。
f0104084_232111.jpg

[PR]
by hige-megane | 2007-05-28 00:01
回転木馬
f0104084_22224948.jpg

[PR]
by hige-megane | 2007-05-27 19:11 | 風景
親子
f0104084_222592.jpg

[PR]
by hige-megane | 2007-05-27 18:23 | 風景
Horror
f0104084_23284722.jpg

[PR]
by hige-megane | 2007-05-27 00:02 | 風景
申し訳ない告白アゲイン
f0104084_0414767.jpg
遅れて来たビギナーである私は、今更ながら「木村伊兵衛」さんや「土門拳」さんの写真を凄い凄いと言って眺めてます。ふと甦る遠い日の記憶… 皆さんは土門拳の義弟で同じく写真家の「牧直視」さんという方をご存知でしょうか?

18年前、社会人になったばかりの私は、当時の社長と部長と、部長の「友人」である「牧さん」のお宅にお邪魔したことがあります。その方のお兄さんが日本を代表する写真家である「土門拳」さんと聞いた時の私の反応…
「凄いですねぇ」
で、心の中…
「全く知らないし興味も無いなぁ」
今考えると何と言う無知! なんという無気力さ!

牧さんは、若僧である私に奥様ともども大変優しく接してくださり
「デザインも写真も相通じるものはいっぱいあるよ」とか、
「若い人とも話がしたいから彼女でも連れてたまに顔出しなよ」など。
部長「牧さんにそう言って貰えるなんてお前は幸せだな」背中ドン。
私「ありがとうございます」

そのとき印象に残ったのは、けっこう田舎にお住まいなので
ご夫婦共にその辺が退屈、というか物寂しい印象だったこと。
以来一度も行ってません。
オーッ何と言う嘘つき、何と言う人でなし。

そんな自分が今更「古寺巡礼は、全巻そろえたい」とか
「土門拳記念館が見たいから山形へドライブ行きたい」などと
のたまっているのです。

牧先生、本当にすみませんでした。

f0104084_0434120.jpg

[PR]
by hige-megane | 2007-05-26 00:46 | 風景
申し訳ない告白
f0104084_2352382.jpg
重度の新品好きです。正確に言うと、自分の持物は新品でないと気が済まないタイプ。友人の持物や仕事の旅館なんかは、使い込まれた味のあるものが好きで、それにまつわるエピソードを聞くのも大好きですが、自身の身の回りにはアンチエイジングを求め、「それ、味が出てきましたね」などと言われると「えっ味!? すぐ替えなきゃ」と売り場に走るタイプ。「中古でいいのがあるよ」といったアドバイスなんぞ一度も聞いたことはありません。

「あと1年やってダメなら伯父さんのところで働きなさい」。これは、大学受験で浪人が決定した頃、親に真剣に頻繁に言われた台詞。この伯父さんは自然の風景を撮る写真家で、メトロポリタン美術館に日本人として初めて収蔵作品が収容されたり、紺綬褒賞を国から貰ったりする大変立派なお方。それでいてフランクな人柄から女性にもモテる隙のないパーソン。そもそも親の決め台詞が「アンタにも伯父さんの血が流れてるんやから」の連発。「大学アカンかったら給料無しの便所掃除として扱き使ってくれるって!」。何分にもヤワな私は、この恐るべき提案から免れるべく翌年無事に合格しました。

大学の授業で、カメラが必要となり相談したとき、「これ使えたら写真の基礎が一から学べるでぇ」のアドバイスとともにやってきたのは、ニコンの「ニコマート」というフルマニュアル一眼レフ。使い込まれて所々剥げたそいつは、大層味のある品物。「わぁ、ありがとう」の言葉と裏腹に、「新品かと思ってたらちゃうんか…」という内心。以来、魂若き日の伯父さんの努力を物語るニコマートは一度もフィルムを入れられぬまま20年。部屋の片付けをする度に見つけては、人の好意を無下にした罪悪感を感じながらもしまい直してます。

伯父さん、重ね重ねすみません。
[PR]
by hige-megane | 2007-05-26 00:01 | 風景
Lesson
f0104084_173890.jpg
2日間の免停講習も今日で終わり。3Dシュミレーターというゲーム機のような実技があるのですが、死ぬほど三半規管が弱い私は、開始直後から冷や汗が浮き出し顔面蒼白に。よろけながら途中で退室し、教室で寝ながら多量のヨダレを垂らしました。恐れながらも結果は「優」、45日短縮成功!! 明後日からいよいよXデイ。あ〜長かった、しかし運転再開に際して未だ収まらぬ吐き気が不安。
[PR]
by hige-megane | 2007-05-25 01:15